あっちこっち®ふきん物語【第五話】

アンバサダー募集

 

第五話

 


お姉さん笑顔イラスト
さて、いろいろな問題を乗り越えて、
ついに商品化された「あっちこっち®ふきん」!
最初の売れ行きはどうだったんですか?

研究者イラスト
販売が始まったのは1989年ごろのことです。
前回お話ししたモニターテストを経て、販売に至ったわけですが、
最初はなかなか売れませんでした。

お姉さん笑顔イラスト
うーん、そうなんですね。
いろんな課題をクリアして、すごくいいものができたと思うんですが……。
洗剤なしでも、汚れが落とせるというのは画期的ですし、
それも一拭きでよくて、二度拭きの手間がいらないというのは、
他にはない商品ですよね。

研究者イラスト
性能は申し分なかったのですが、
1枚980円(税別・Lサイズ)という価格が問題だったようです。
性能が伝わっていないなかでは、高いと感じられたのかもしれません。
売れない理由をリサーチしながら、模索していたんですが
販売を中止するという話も出たくらいなんです。
それでも、この商品の性能を理解してもらえれば
きっと価格にも納得して買っていただけるのではないか、と。

お姉さん笑顔イラスト
確かにそうですね。実際にどれくらい汚れが落ちるのか、
見てみないとわからないですもんね。

研究者イラスト
ただ、当時、なぜか北海道では売れていたんです。

お姉さん笑顔イラスト
え? 北海道だけというのは不思議ですね。どうしてですか?

研究者イラスト
そのころ、北海道では石狩川の環境汚染が原因で
鮭が減少しているということが社会問題になっていたんです。
生活排水をきれいにしよう、少なくしよう、という動きが出始めたころでした。
そこでこの洗剤要らずの「あっちこっち®ふきん」に
注目が集まったようなんです。

お姉さん笑顔イラスト
なるほど。洗剤なしでも大丈夫ということは、環境にも優しいですものね。
性能が伝われば売れるという証明にもなったのではないですか?

研究者イラスト
そうなんです。
洗剤がなくても汚れが落とせるということを
伝えながら販売することが必要だということになって、
訪問販売や実演販売をするチームを結成することにしました。
実際に使って性能の高さを実感してもらった主婦の方々のチームです。

お姉さん驚きイラスト
おー! それはおもしろいですね。目の前で見ればきっと伝わるはず!

研究者イラスト
全国各地の百貨店で実演販売していくようにしました。
性能が伝わって、販売枚数も驚異的に伸びていったんです。
雑誌や新聞に掲載され、テレビやラジオで紹介されることも増え、
さらに皆様に買っていただけるようになりました。

お姉さん笑顔イラスト
皆さんに伝わってよかったー!
その後、性能やサイズの違う「あっちこっち®ふきん」ができたんですね。

研究者イラスト
はい、次回は、そのお話をしましょう。

(第六話へ続く)

 

吸水性と速乾性に優れた【テイジン】のあっちこっち®ふきん

Top